記事一覧

マルチプルオーガズム

此方が目指している『マルチプルオーガズム』とは言葉の意味通り
  「多様な。複合的な。また、多くのものからなるさま」です。


男性も、女性とほぼ同じ場所・数の性感帯が存在するとされています。
ということは、女性同様に男性器以外でも感じることができ、勃起も
可能となりますが、射精に繋がらなければ、男性特有のオルガズムを
感じることができません。そこで男性器以外の刺激でも射精できることを
身体が覚えるために、最も性的快感を得られる前立腺が適しているのです。
男性器の刺激と並行しながら、前立腺の変化に合わせた刺激を与えていき
射精時には、男性器に一切触れず、前立腺の刺激だけを行います。
前立腺だけを刺激されながらの射精では、射精感は勿論ありますが
身体は射精しきったと判断していません。この部分は、今の医学でも
解明されていませんが、男性は性に目覚めると自ずと男性器を刺激して
射精させるからではないかと此方では考えています。
そのため、前立腺の刺激を続けながら男性器に触れても過敏になることなく
勃起してきますし、更に感度を増し、続けて射精することが可能になります。

前立腺を刺激しながらのウェットに慣れてきたら、タイミングを計り、
指を抜いた状態でも、射精ができるようになります。
此方では「抜きウェット」と呼んでいますが、これが体感できるように
なると、ドライやエナジーオルガズムもできやすくなります。
更に抜きウェット後すぐに、会陰部(蟻の門渡り)を刺激しながらの
オルガズムを体感できるようになるとウェットではなく、殆どが
ドライとなり、連続的な体感も可能になってきます。
会陰部は、間接的に前立腺を刺激できる唯一の部位ですが、皮膚に
触れられながらのオルガズムを体感することになり、内腿や乳首などの
性感帯も感じやすくなってきます。更に、感度を高めていくと身体に
触れられただけでもオルガズムに達します。女性が前戯で得るオルガズムと
ほぼ同じものです。この状態がエナジーオルガズムなのです。
ここまでできるようになると、通常の性行為でエナジーや男性器に
触れないウェットも可能になり、休憩を挟んでも普通に射精することも
出来ますし、自慰行為(オナニー)の時にも、アナルに何も入れずに
乳首を触るだけでエナジーを体感できるようになります。
本来、男性が持つメカニズムに合わせながら、性感帯を呼び覚ましながら
繋げていき、感度を高めることで、これらのことが可能となります。

まさに複合的と意味される『マルチプルオーガズム』を体感できるようになるのです。

既に、此方の多くの会員様が楽しんでいらっしゃいますし、性欲・勃起力が
向上した等の報告も頂いております。年齢は一切関係ありません。
  

コメント

コメントの投稿

非公開コメント