記事一覧

気持ち良くなる為の開発編

今回は、気持ち良くなる為の開発編です。

浣腸が済んだ後は、アナルで気持ち良くなれて快楽が得られるように先ず指で刺激を与えてます。
但し、必ずゴム手袋か指サックを着用してローション又はクリームを塗ってから、入口を十分に
ほぐしてから行います。爪を立てないように、ゆっくり挿入していき指の腹で優しく撫でながら
出し入れを繰り返していきます。

この時に施術する側が一番気をつけなければいけないのが自分の指を見ないことです。
見ることによって指に力が入ってしまうことと相手の微妙な反応が見れないからです。
指に力が加わると、相手に痛みだけでなく傷つけてしまうおそれもありますし、気持ちが良くても
声が出ない人などは顔を見て判断しなければいけないからです。また相手の顔を見ることで
相手に安心感を与えることもできます。

受ける側が安心して体が開けるように、常に顔を見ながら指から伝わる腸内の動きを感じながら
快楽の場所を探します。決して焦らず、ゆっくりとスローリズムで進めていきます。十分、指で解す
ことによってバイブ等を使って刺激する時に快楽を得やすくなるのです。バイブ等を使用する時も
一番弱い刺激から始め、徐々に強くしていきます。

アナルプレイは、痛みを我慢するプレイではありません。
快楽がなければ先に進むことはできないのです。


施術する側は痛みを与えないように十二分に配慮し、受ける側は痛みだけでなく違和感があれば
遠慮しないで、相手に伝えるようにしましょう。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント