記事一覧

浣腸について

施術前に行う浣腸は、単に腸をキレイにするのではなく、汚い部分であるという精神的な負担を抑え
腸及び肛門の緊張を緩められる為、施術を行う際に腸及び肛門への負担を軽減する事ができます。
また、便意を感じている時でなければ直腸内に便が残留している事は少ないのですが、腸内細菌は
肛門周辺に多い為、洗浄しておく事で感染症の予防にもなるのです。しかも、拡張が必要とされる
Pバンやフィストを行う場合では、浣腸を行った後と行わない時では腸に掛かる負担が違います。
便が残った状態だと、妙に重苦しさを伴う圧迫感があったり、苦痛をも感じる事があります。
更に、便の状態によっては腸壁を傷つけてしまう可能性もあり、かなりの負担が腸に掛かります。
拡張を必要としない前立腺開発でも、直腸内の状態によっては同様な事が起きる場合もあります。

だからといって、頻繁に浣腸を行ってしまうと身体が浣腸の刺激になれ、通常の便の蓄積では便意を
感じにくくなってしまう事があります。また腸が萎縮し便秘になる可能性もあり、浣腸による激しい
排便を繰り返していると肛門が傷つき、痔や脱腸を起こす事もあります。更に腸内細菌のバランスも
崩れてしまい、腸壁にも悪影響を及ぼします。この事を踏まえた上で、浣腸液の種類や量を考慮し
腸内環境を整える為に、施術の間隔を設ける必要があります。快楽や目的を追求するあまり身体を
壊してしまっては何の結果も得られないだけでなく、二度と出来なくなってしまう恐れがあります。

末永くアナルで快楽を得る為に、腸に掛かる負担を軽減すると共に良好な状態を保つ事が必要です。
 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント