記事一覧

貴重なエナジー体験談

こちらでドライを体感された会員様から、とても貴重な体験談を頂きました。ご本人から掲載を
了承して頂きましたので、ご紹介致します。驚きのシチュエーションでのエナジー体験です。

『泳ぎというか、シンクロを習ってまして、成果を試しに行ってきたのですよ、それで台風後の潮は
高く、深さがあって逆さでスゥ~と潜水の繰り返ししてたら、ドライがきてしまいました。
もちろん行為は何も無しでです。驚きました、生まれて初めてでした。呼吸が関係してたのかとか
考えてましたが、ちょうど子供頃に体験していた夢精に似ていたかな、と思っていました。』

『昨日は気温が低かったけど、水温はまだなんとか大丈夫でした。で、また起しました(笑)
水深3、4メートルのとこで、バクテンを繰り返ししてたのです、ゆぅ~くりですが、クルクルと
ひたすら。今の時期はちびっ子イワシの群れが凄くて、私の体をぴしぴしと当たるというか、
触れていき、見える魚は釣れないと言いますが、手づかみで掴めるのですよ、かわいそうでしたが
数匹を丸呑みしてやりました(笑)息継ぎは波で失敗続きでしたが、慌てる事なく…無事。』


『大分、寒くなってきましたが…一日の日曜日は行って来ました。もう、サーファーも居なく、
ご年配の釣人達は、防寒着の中、私はビキニだけで… 人生そのものがトランス状態でした(笑)
それで今回は長~いエナジーが体感できたのですが、疲れました。帰りふらふらでした(笑)。
水中で腹を空に向けた姿勢で全身をブリッジして、次に前屈のVの字運動で繰り返しのです。
この水中運動が一番、長い時間、感じとれました。本当、波のように。あれはすごかったです。』


そうです、水中でエナジーを体感されたのです。潜水時に行う呼吸法と身体に受けている水圧が
適度な刺激となり、また潜水の繰返しによって集中力が高まり、適度に身体の力が抜けたことで
体感できたのだと考えられます。ドライオルガズムを体感することで、男性器やアナルを刺激せず
オルガズムを得ることが可能なのです。一度エナジーの体感ができると、同じシチュエーションで
なくても、様々な形で得ることができます。色々な方達から体験談を頂きましたが、潜水中での
エナジー体験は初めてでした^^ ドライオルガズムは終着点ではなく、更なる快楽を追求していく
通過点に過ぎません。一人でも多くの方達に、エナジーを経験して頂けましたら幸いです。

掲載を了承頂きました会員様には、厚く御礼申し上げます。また体験談をお待ちしております^^

コメント

誰しもが、簡単には出来ることではございません。今迄の性生活・性感帯の感度によって違いがあり
かなり個人差があります。一概に、どうすれば出来るといった返答は控えさせて頂きます。
実際に触らなければ判らないことを文面のみの質問でお答えすることはできないからです。
お役に立てず申し訳ございませんが、ご理解ご了承下さいませ。


エナジーを体験するにはどうしたら良いのですか?
呼吸法とかどこに集中したら良いのですか?

コメントの投稿

非公開コメント