記事一覧

前立腺の役割

前立腺の役割については、まだ解明されていない部分が多く、主な働きとしては前立腺液の分泌。
精嚢から分泌された精嚢液を精巣で作られた精子と混合し精液を作成したり、射精における収縮や
尿の排泄なども担っています。

肛門から刺激すると性的快感を得られる性感帯であり、前立腺を肛門から触ることができるため
快感を感じたり、勃起・射精が起きたりすると言われて、女性のGスポットが男性ホルモンによって
発達した器官とも考えられています。そのため、快感が高潮することによってドライオルガズムが
得られるとも言われています。


最近、前立腺を診間違えられてしまった為に前立腺ではない場所にシコリを作られた方達を
多く診かけます。前立腺以外にシコリがあると男性器への連動に支障をきたすだけではなく
通常の排泄時にも影響を及ぼしかねません。当然、ドライオルガズムを得ようとしてもシコリが
邪魔な存在になってしまいます。施術者が肛門から前立腺を触るとき、男性器と密接な繋がりが
あることを認識し、触った場所が男性器に響くかどうか確認しながら行わなければならないのです。
但し、個人差があり直ぐに男性器に響くとは限りませんから、根気が必要な場合もあります。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント