記事一覧

肛門括約筋の役割

肛門には4つの筋肉があり、役割があります。【 内肛門括約筋 】 不随意筋(平滑筋)・・自分の意思では締めたり緩めたりできない。形成・・直腸から延長してできたもの機能・・自律神経の支配を受け、一定の緊張でしめつけている。    直腸に便がたまってくると、自動的に排便の態勢に入る。【 外肛門括約筋 】随意筋(横紋筋)・・自分の意志で、締めたり緩めたりできる。形成・・下の皮膚より挙上機能・・脊髄神経の支配をうけ...

続きを読む

ウォシュレット

家庭にも、かなり浸透してきている感のある「ウォシュレット」。本来、肛門付近の汚れを洗い流すのが目的として開発されたものです。しかし最近、浣腸のようにして使用するのがクセになっている人が多くいます。そうした使い方をしている方の多くは、肛門付近の皮膚が傷ついてしまっています。何故と問われることがありますが、水は水勢を強くすると鉄さえも切ることができます。当然、ウォシュレットの水勢が強いと肛門付近の皮膚...

続きを読む

腸内環境

昨今、色々なメディアで取り上げられている腸内環境。腸には、大きく8つの役割があります。それは、消化・吸収・合成・代謝・解毒・造血・排泄・免疫というものです。人は口から物を食べ、、腸で消化・吸収し、その栄養が血液に入る時、腸の中が汚れていると一緒に毒素も入り、その結果血が濁ります。それが不健康の大きな原因の一つとなるそうです。従って、健康体の決めては腸内環境の善し悪しということになり、アナルの感度に...

続きを読む