記事一覧

フィストへの道程

誰しもが簡単に出来ることではありません。骨盤形状・括約筋・皮膚の状態・痔の有無・病気等での治療(手術痕含む)の有無が関係しますし、今迄の経験によっても違いがあります。痛みを感じた事が一度でもある場合は拒絶反応が起こる可能性があり、それを緩和して拡げるには時間を要します。また色々な道具・器具を多用された場合も、肛門括約筋に負担が掛かりすぎて弾力を失い硬くなる為なかなか拡がり辛くなってしまいます。しかし...

続きを読む

施術者が行うフィストでの注意点

拡張の際に痛みを与えないのは勿論ですが、最も重要なのがフィスト後に手を抜くときです。 腸が本来の太さより拡がっている訳ですから、そのまま抜くと元に戻るまで時間が掛かります。 後々異物感が残ってしまったりする原因の一つです。それらを軽減する為には腸の構造を熟知し 生理的反応を利用し、腸の収縮を確認しながら手を抜いていくことです。多少抜くまでに時間を 要しますが、異物感だけでなく変形をも防ぐことができます...

続きを読む

拡張による腸の変形は何故どうして起こるのか・・・

拡張を希望された方達で、既に他でフィストを経験されている方の中に腸の変形が診られます。 腸内の構造を知らずに、手で確認もせず拡張ポンプ・プラグ・クスコを使用してしまうからです。 状態も把握しないままでの器具類の使用は、腸内に多大に負担をかけてしまうのです。その結果 通常の形状を変えてしまいます。腸は自力では元の形状には戻れません。また変形した状態で 放置しておくと、腸が十分な動きができなくなり便秘や下...

続きを読む