記事一覧

ウェットの必要性と拘り

何故、前立腺でのウェットオルガズムに拘るのか、よく聞かれます。ご来訪頂いた方々には説明していますが、事前に知って頂いたほうがより安心して施術を受けて頂けるのではないかと書かせて頂きました。男性のメカニズムを調べるうち、アナルの施術中に男性器と前立腺を刺激することで男性機能の向上が可能と知り、施術方針の一環としました。長文になってしまいましたが、最後までお読み頂けましたら幸いです。精子は毎日作られて...

続きを読む

トレーニングの成果

此方では、施術後に必ず肛門括約筋のトレーニング法をお教えしています。肛門の締りが緩くなると、勃起・射精力の低下だけでなく便が漏れてしまう可能性もあるからです。また拡張をスムーズに進めていく上でも身体への負担を軽減していけるのです。しなやかで柔らかい筋肉は、収縮性がよく拡げたあとも逸早く元に戻ろうとします。締りが悪くなると、男性機能にも影響を及ぼします。会員様の中で、初めての来訪時すでに肛門が指3本...

続きを読む