記事一覧

アナル以外でのドライオルガズム

前立腺が十二分に開発され、『抜きドライ』も経験できるようになればアナルの中に何も入れずにドライオルガズムを得ることができます。そうすれば次の段階として、比較的どの男性も感じる場所の会陰部(睾丸~肛門の間、俗名・蟻の門渡り)を刺激しても、ドライオルガズムを得ることができます。前立腺が十分開発されていない場合は、時間が掛かりすぎたり、タイミングが掴めない事があります。男性の会陰部は、間接的に前立腺を刺激...

続きを読む

アナルで得る快楽と性行為の密接な関係

何度かここで書いていますが、男性は吐精することで生殖器が新たな精子をする為、前立腺は勿論ホルモンをも活性化することが出来るのです。その為、施術に来られた男性の方達には性生活及び自慰行為(オナニー)について必ずお聞きしています。性行為の回数によって、アナルの感度が明らかに違ってくるからです。性行為の回数の多い男性は、本人も驚くほどアナルが感じてしまいウェット・ドライオルガズムも得やすくなります。反対...

続きを読む

施術者が行うフィストでの注意点

拡張の際に痛みを与えないのは勿論ですが、最も重要なのがフィスト後に手を抜くときです。 腸が本来の太さより拡がっている訳ですから、そのまま抜くと元に戻るまで時間が掛かります。 後々異物感が残ってしまったりする原因の一つです。それらを軽減する為には腸の構造を熟知し 生理的反応を利用し、腸の収縮を確認しながら手を抜いていくことです。多少抜くまでに時間を 要しますが、異物感だけでなく変形をも防ぐことができます...

続きを読む

拡張による腸の変形は何故どうして起こるのか・・・

拡張を希望された方達で、既に他でフィストを経験されている方の中に腸の変形が診られます。 腸内の構造を知らずに、手で確認もせず拡張ポンプ・プラグ・クスコを使用してしまうからです。 状態も把握しないままでの器具類の使用は、腸内に多大に負担をかけてしまうのです。その結果 通常の形状を変えてしまいます。腸は自力では元の形状には戻れません。また変形した状態で 放置しておくと、腸が十分な動きができなくなり便秘や下...

続きを読む