記事一覧

身体の違い・・・

男性は、女性と違い生まれながらに精子を作成し蓄えた上で体外へ放出するという機能があり 前立腺が、それを担っています。アナルだけが感じたとしても、前立腺と隣接しているために その機能は働こうとします。当然ドライオルガズムの体感時にも射精感が伴うわけですから 射精しないタイミングを掴むのが難しくなるのです。 施術者が男性をドライオルガズムに導くためには、上記を十分理解した上で、感度の良い場所を 探しながら...

続きを読む

拡張

アナルを拡張していくことって、決して簡単なことではありません。 誰しもが拡がる訳ではありませんし、アナルの形状を無視してしまうと大変なことになります。 痛い思いをするだけでなく、括約筋を切ったりして入口が閉まらなくなり便を漏らすことになったり 腸内の粘膜を傷つけるだけでなく、穴をも開けてしまったりと通常の生活に支障が出てしまいます。 施術者が行う場合は、問診をしながら骨盤の形状・括約筋・皮膚の状態・痔...

続きを読む

指1本でのドライオルガズム

ドライオルガズム希望の会員様が、三度目の施術にお越しになりました。 拡張は希望されておらず、他方での施術でも指1本以上はされていません。 一度目では、感度を高めるのに重点をおきながら施術するがドライオルガズムに至らず 二度目でも、今一歩のところで逝けないため先ずはタイミングを身体に覚えてもらうため ウェットを試みました。そして三度目、今度こそはと思っても焦ってはいけないません。 施術者の焦りは、相手の...

続きを読む

手跡

受ける方には勿論わからないことなのですが、アナルの中には施術者の手跡が残るのです。 たとえ指1本でも、施術者が何をしたのか、知識を持って施術したのかまで・・・不思議でしょう 今まで施術させて頂いた方の中には、無茶な拡張をされて括約筋が伸びきってしまい 指2本が入ってしまうくらい入口が開いていたり、前立腺と勘違いして腸壁を触りすぎて しこりみたいに硬くされていたりなど、既にアナルを壊しかけていたりしてい...

続きを読む

ドライ体感のコツ??

初めて来られて、ドライを体感された方がいました。とても感度が良く、1・2度逝きかけたところで 『出そうなんですが、我慢したほうがいいですか』と聞かれたので『出そうだからと我慢しないで』と 答えたのと同時に思いっきりよく逝ったのです。勿論、射精はしていません。本人もビックリ(・.・;) 確かに射精した感触があったはずなのに、精液は一滴も出ていないのですから・・・ ドライを得られない方達の中には、射精感に惑...

続きを読む